アクティブネットワークでは、誰もが生まれ育った地域で高齢になっても、障がいがあっても、その人らしく安心して生き生きと生活できるよう様々な支援活動やサービスを展開していきます。

団体概要

私たちが目指すもの

現在の少子高齢化社会はこれまでの地域社会のあり方に急激な変化をもたらしています。 この結果により核家族化や高齢者世帯・独居世帯の急増等、これまでの住民同士による地域コミュニティを衰退化させています。 同時に日本は経済においても低成長期に入り、これまで通りの社会保障の維持が困難な時代に向かいつつあります。

このような時代背景にあって、わたしたち介護系のNPOが地域の中で果たす役割としてどのようなことを期待されているのでしょうか。
介護保険制度や自立支援制度といった専門性の高いサービスの提供はもちろん、今後は住民参加型サービスとして制度だけでは対応できないような、きめ細かい生活支援・移動支援等の創出に向けた取り組みが必要になります。

また一方では、単に基本生活の充足を図るだけの活動にとどまらず、余暇活動のニーズにも対応する新たなサービスにも挑戦し生活の質を追求します。

わたしたちはNPOとして地域社会の介護問題と向き合い、誰もが安心して暮らせる地域社会の実現を目指します。

特定非営利活動法人アクティブネットワークの沿革

所在地 :
大阪府茨木市片桐町11番16号
代表理事:
遠藤 準司
1997年07月
高齢者・障がい者を対象とした外出支援組織
「北摂アクティブネットワーク」設立
1999年09月
大阪府より「特定非営利活動法人」の認証を受ける。
2000年04月
茨木市舟木町16番35号にて介護保険制度の居宅サービス並びに居宅介護支援事業を開始する
・アクティブネットワークホームヘルパーステーション開設
・アクティブネットワーク訪問看護/リハビリステーション開設
・アクティブネットワークケアプランステーション開設
2001年07月
要介護高齢者・障がい者を対象に第1回「アクティブツアー」を開催
以降、毎年開催
2003年04月
支援費制度の居宅介護サービスを開始する
2005年03月
法人所在地を舟木町16番35号から宮元町1番29号へ移す
2013年05月
法人所在地を宮元町1番29号から片桐町11番16号へ移す
介護保険制度の地域密着型サービスを開始する
・アクティブネットワークデイサービスセンター開設
・アクティブネットワーク24H定期巡回・随時対応サービス開設
・アクティブネットワーク複合型サービス「笑みの家」開設
 旅行業法に基づくバリアフリー旅行業を開始する
・「お出かけ倶楽部」サービス開始
個人情報の保護について  サイトマップ
▲このページのトップへ戻る