24時間365日、安全で安心できる在宅療養を続けるためには、多様なサービスが必要です。
緊急時対応や在宅での看取りなどの支援に加え、医療依存度の高い人や退院直後で状態が不安定な人が安心して利用できるサービスの充実に向け、アクティブネットワークはさまざまな取り組みを行っています。

 看多機(看護小規模多機能型居宅介護)とは

看多機とは、看護小規模多機能型居宅介護の略称となっています。
小規模多機能型居宅介護と訪問看護を組み合わせて、通い・訪問・短期間の宿泊で介護や看護のケアが受けられます。
病気や障害をお持ちの方々やそれを支えるご家族や介護者が、住み慣れた地域や自宅でのその人らしい生活が継続できるように、訪問(看護・介護)」「通い」「泊まり」の3つの機能、
「訪問看護」「訪問介護」「通い」「泊まり」の4つのサービス、を柔軟に組み合わせを組み合わせてどのサービスを利用してもいつも顔なじみのスタッフによるケアが受けられて24時間365日サポートしていくサービスです。
又、病院から在宅への切れ目のない支援として「在宅復帰への受け皿」にもなりつつ、ふたつめの我が家として支援していきます。

主な3つの機能

看多機(看護小規模多機能型居宅介護)には主な3つの機能があります。
*「訪問」:看護師や介護職等が役割分担をして自宅に訪問します。
*「通い」:通いの時間や内容は、利用する方の必要に合わせて柔軟に対応していきます。
*「泊まり」:利用者の方が、自宅で過ごすことが継続できるように柔軟に対応していきます。(緊急の宿泊対応可、無期限の宿泊は不可)
ご利用者様は住み慣れた家・地域での 生活を続けられる、看護と介護のー体的なサービスをご提供します。

看護小規模多機能型居宅介護 笑みの家の特徴

看多機(看護小規模多機能型居宅介護)笑みの家には、在宅療養を支える4つの特徴・魅力があります。

  1. 複数のサービスが一体なので安心
    利用者は、ご自宅に近い環境で、顔なじみの職員から「通い」「泊まり」「訪問看護」「訪問介護」の4つのサービスを一体的に受けられる ため、安心です。
  2. 利用料金は月額の定額制が基本なので安心
    看多機の利用料金は、要介護度に応じた月額の定額制です。利用頻度や回数による関係はなく、 介護費用がふくらみすぎないので安心です (ただし宿泊や食事に関する費用などは別途)。
  3. 医療ニーズの高い方でも安心
    人生の最期まで、住み慣れた地域や自宅等で 暮らせるように支えます。
  4. 柔軟にサービスを変更できて安心
    利用者や家族の状況などが変わった場合も、看多機のケアマネジャーが、「通い」「泊まり」「訪問看護」「訪問介護」を臨機応変に組み合わせて提供します。急な「泊まり」や、夜間の訪問看護・ 介護に対応できるため、利用者・家族にとっ て安心です。

サービス案内


看多機(看護小規模多機能型居宅介護)の4つのサービスについてご説明します。

「訪問看護」サービス

ご自宅にいつも顔なじみの看護師スタッフの訪問によるケアが受けられてサービスです。
それぞれの医療ニーズにお応えした、看護師による「訪問」サービスをご提供していきます。

こんな方にご利用をおすすめします

  • 病院からの退院後で、在宅生活に不安のある。
  • 介護や医療管理を伴う介護が必要になっても、住み慣れた地域や自宅で暮らしたい。
  • 最期まで住み慣れた自宅で過ごしたい。

「訪問介護」サービス

ご自宅に顔なじみの介護スタッフが訪問するサービスです。
さまざまなニーズにお応えした訪問サービスをご提供していきます。

こんな方にご利用をおすすめします

  • 生活の状態に応じて訪問してほしい。
  • 自分らしい自宅での生活を支えてほしい。
  • 医療機関から在宅への移行を考えている
  • 自宅で状態を観察してほしい

「通い」サービス

ご自宅から施設に通うサービスです。
ご自宅への送迎、お食事、入浴の介助などのサービスはもちろん、日中快適に過ごせるように、個々に対応したさまざまなサービスをご提供します。
それぞれに応じた機能向上訓練を取り入れながら、体力や身体機能の維持・回復・向上をめざします。
レクリエーションや趣味の活動を支援したり、利用者間、家族や地域の方との行事や交流会、つながりを深め、よりよい関わりをご提案します。

こんな方にご利用をおすすめします

  • 閉じこもり予防をしたい
  • 家族の休養の時間も作ってほしい
  • 血圧や体温などの健康管理
  • 「運動機能の向上」「栄養改善」「口腔機能の向上」「嚥下訓練」
  • 「精神活動の賦活(認知症予防)」
  • 安定した生活リズムの形成をしたい
  • 社会参加、交流の機会がほしい

「宿泊」サービス

施設に宿泊するサービスです。
「通い」や「訪問」と同じ、なじみのスタッフが宿泊サービスをご提供することで、安心してお泊まりいただけます。

こんな方にご利用をおすすめします

  • 家族の介護の負担を軽減したい
  • 自宅と同様の生活を維持・継続したい
  • 緊急時(の対応)
  • 状態が悪い時に宿泊できることで、在宅生活が継続できる。

要介護度が高く、医療支援が必要なご利用者様に最適な環境

医療機器を利用している方・・・胃ろう、気管切開、吸引、中心静脈栄養、在宅酸素、インスリン注射、膀胱留置カテーテル、カテーテル、人工呼吸器装着奈園管理
リハビリが必要な方・・・運動機能訓練、基本動作訓練、車いすへの移乗や歩行の訓練、嚥下訓練、呼吸機能訓練など、
排泄の自立 褥瘡(床ずれ)などがある方・・・床ずれの処置、悪化の防止、人工肛門の管理
認知症の方・・・生活リズムの調整、認知症状への看護や介護相談
終末期の方(がん、老衰など)・・・かかりつけ医との連携、 苦痛の緩和のための支援、精神的な援助、看取り
ご家族や介護者の方・・・医療機器の取り扱いや介護の相談・指導、精神的な支援
その他難病

上記に代表されるような症状で医療機関にかかられている方で、要介護度が高いご利用者様にも 「通い」「泊まり」「訪問」(看護・リハビリ・介護) の対応が可能です。

ご利用の対象となる方

介護保険法に定める要介護認定において、要介護1〜5に該当する方。
要介護認定者であれば、認知症の方や医療ニーズの高い方もご利用いただけます。
茨木市に住民票のある方。(茨木市外にお住いのお方もご相談ください)

利用定員

*登録定員   24名
*通い定員   12名
*泊まり定員    4名

主な利用対象者

  • 病気や障害を持っていても住み慣れた自宅で最期まで暮らしたいと考えている方
  • 認知症の方
  • 独居、または高齢者世帯で生活等に不安を持っている方
  • 退院後、在宅生活に戻りたいけれど、今までのように過ごせるか不安のある方
  • 病気が悪化しても病院ではなく自宅等地域で治療を受けたい方
  • がん末期の方
  • 介護者が疲労困憊されている方
  • 人工呼吸器や点滴などの医療処置がある方

ご利用するにあたっての注意点

現在担当してくださっているケアマネジャーからアクティブネットワーク笑みの家の介護支援専門員(ケアマネジャー)に変更になります。
現在、介護保険で利用している訪問看護・訪問介護・訪問入浴・通所系サービス・短期入所は原則利用できなくなり、アクティブネットワーク笑みの家のサービスに移行となります。
利用可能は、福祉用具・訪問リハビリ・居宅療養管理指導です。
医療保険で利用している訪問看護はそのまま利用できます。
障害サービスの居宅介護・重度訪問介護はそのまま利用できます。
看護小規模多機能型居宅介護のサービスをご利用にあたって、面談の後、ご登録いただきます。
入院中の方も退院前に面談させていただきます。

サービス料金について

介護保険制度やご利用者様の身体状況により、負担額が異なります。一度お問い合わせください。

体験利用について

・通いサービスの体験利用が可能です。
・送迎、昼食、おやつ、レクリエーション参加の体験がご利用いただけます。
・体験費用として、食費をご負担いただきます。
・詳細はお問合せください。

管理者からのご挨拶

管理者

医療的なことでお困りで在宅生活に不安がある皆様が住み慣れたご自宅や地域で安心して生活が送れるよう一日一日を大切に、スタッフ一同、心を込めて対応させていただきます。

また、ご利用者様だけではなくご家族様の気持ちにも寄り添いともに歩んでいけるステーションでありたいと思います。